NEWS お知らせ

奄美とマベパール

「株式会社スズキ工芸」のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。
今回は、奄美大島とマベパールについてご紹介を致します。

マベパールの生みの親であるマベ貝が生息する地域は、フィリピンやカリブ海などの熱帯および亜熱帯地方です。そして、マベ貝にとっての生育の北限(最も寒い位置)といわれる奄美大島で採れるマベパールは、世界で一地番美しい真珠層を持つと言われています。

世界で一番美しいマベパールが育つ島:奄美大島について

鹿児島県に属す奄美大島は九州と沖縄の中間地点にあり、東京から直行便で2時間程度です。奄美大島は、手つかずの大自然が残る、空気も海水も澄み切った本当に美しい南国の島です。マベ貝が育つ青く澄む海水は底まで透き通っています。

マベパールが育つ奄美の海

南国の海と聞くと穏やかなイメージが湧くかと思いますが、天然のマベ貝はプロの漁師でも近づくことが難しい、潮の流れがたいへん速い水道部のサンゴや岩礁などに付着して生息しています。また、そもそもの生息数が少ない事から、天然のマベパールは、「幻のパール」と呼ばれていました。

奄美で育ったマベパールの特徴

激しい海流にもまれるきびしい環境下で育ったマベ貝は、他の真珠母貝に比べても筋肉質でたくましい身体をしています。(アコヤ真珠を生むアコヤ貝などは穏やかな内海に棲んでいます)
この身の引き締まった、強い体力を持つマベ貝だからこそ、虹色に輝く鮮やかなテリを持つ、美しくキメの細かな真珠を生み出すことが出来るのです。
きめ細かく虹色に輝く上品質のマベパールはこうした素晴らしい奄美大島の自然からの贈り物以外の何ものでもありません。

スズキ工芸のマベパール

スズキ工芸のマベパールはそんな奄美大島産のマベ貝を母貝としております。
スズキ工芸は1975年からマベパール製品の加工を行い、オリジナルジュエリーを制作してきました。
本サイトのコレクションのページブランドのページから実際のジュエリーをご覧いただけます。
また、2021年3月にオープンしたオンラインショップでは、マベパールジュエリーを購入をすることも可能です。
是非、ご覧頂けたらと存じます。